【はじめての育児】6〜12か月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ

こんにちは。

初めての育児。赤ちゃんのおもちゃって、何を選べばいいのか、難しくないですか?

  • 月齢に合っている
  • 赤ちゃんの発達をうながす
  • 安全

そんなおもちゃを選びたいけど、どんなものを選べばいいんだろう?

そこで、1歳の息子を育児中の私が、実際に使ってみた経験をもとに、0歳6か月〜12か月ごろまでの赤ちゃんにおすすめのおもちゃを紹介します。

自分で買うときや、プレゼントなどの参考にしてみてください。

6〜12か月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ

MEMO

6〜12か月の赤ちゃんは、寝返り、お座り、伝い歩きと運動能力がどんどん発達します。

人の区別がつくようなるので、ママ・パパと一緒に遊ぶことも楽しみます。

そんな6〜12か月の子には、

  • 口にしたり、噛んでも平気なおもちゃ
  • お座りで両手が自由になるので、両手を使うおもちゃ
  • 手先を使うおもちゃ
  • つかまる、のぼるなど運動要素のあるおもちゃ

などがおすすめです。

今回はそのなかから

おすすめしたい主なおもちゃ
  • 歯固め
  • ループコースター
  • ボールトラッカー
  • ステップ

 

などをご紹介します。

歯固め

ママが持っているリモコンを欲しがるようになったら、まずはコレ。

音が出るリモコンのおもちゃをかんでしまうくらいのお子様にも、こちらは歯固めなので大丈夫です。

ポイント
  • リモコンに興味を持ったら、まずはこれ
  • 歯固めとリモコンおもちゃの良いとこ取り
  • 電池式のリモコンのおもちゃをかんでしまう子にもOK

 


かむ、にぎる、振ると音が出て楽しいカメさんの歯固めです。

3か月から対象のやつなんですけど、ケース付きで、お出かけが多くなる6か月以上のお子様にもおすすめ。

わが家では、おでかけ先でぐずってしまったときの切り札として活躍してくれました。

形状もシンプルで、握りやすくてかみやすくて、細いパーツがないので頑丈です。

ポイント
  • にぎって、かんで、降って楽しいカメさんの歯固め
  • ケースつきでお出かけにもおすすめ
  • 歯ぐきにやさしいやわらか素材ですが、強くかんでも頑丈です

 

ループコースター

こちらはピーターラビットのループコースター。

木を使っているので、さわらせていて安心感があります。

100%SFC認証の、環境に配慮された木材を使用しています。

ポイント
  • ピーターがかわいい
  • 環境に配慮された木材を使用
  • 手と指を使う練習にピッタリ

 

ボールトラッカー

こちらはボールを入れると回転しながら落ちていって、最後にチャイムが鳴るおもちゃです。

ボールをつかむ、もちあげる、離して穴に入れる、という0歳児には歯応え十分の動作が遊びながら練習できます。

息子も、できるようになるまでけっこう苦戦していました。

口のパーツを取り外しできたり、安全にも配慮されたリニューアル版です。

ポイント
  • ボールも本体に収納できて、お片付け簡単
  • 安全に配慮されたリニューアル版
  • 手と指を使う動作と、じっと見つめる集中力が養える

ステップ

子供用の踏み台です。

おもちゃ箱などによじ登ろうとし始めたら、こういうのがあると良いと思います。

1歳をすぎたいまでは、自分で窓際に運んでからのぼって、窓の外を眺めたりしています。

ポイント
  • のぼる運動の練習に
  • ふみ台なので長く使える

こどもちゃれんじbabyのおもちゃ

おもちゃの話題なら、これを書かないわけにはいきません。

  1. 例の感染症の影響で、お店まで家族で行きづらい
  2. 月齢に合わせたおもちゃと言っても、難しい
  3. 何をどのタイミングで買えばいいのかわからない

という状態だった私は、「こどもちゃれんじbaby」に助けられました。

6か月号から1歳号まで、の半年間

  1. エデュトイ(知育玩具)
  2. ボードブック(絵本)
  3. 親子ですくすく(育児ムック)

のセットが毎月届きます。

イエシキ

赤ちゃんの成長に合わせて、ぴったりな教材が届きます。育児ムックもあって、教材を使った遊びかたもわかりやすかったです

内容はこんなかんじ。

  • 9か月号のコップタワー
  • 11か月号のループコースター
  • 1歳号以降のボールトラッカー

などなど、今回紹介したオススメおもちゃも、成長に合わせたタイミングで届きます。

ママと赤ちゃんで一緒に遊べる使いかたも、育児ムックと動画でサポートしてくれました。

これらは、1歳をすぎたいまでも毎日使うお気に入りのおもちゃです。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

私が実際に使ったもの中心に紹介しました。いかがでしたでしょうか。

6〜12か月の時期は、

  • 寝返り
  • おすわり
  • 伝い歩き

と、めざましく運動能力が発達していきます。

赤ちゃんは、次に習得したい能力に合わせて、適したものに自然と興味を持つと言われています。

ちょうどいいおもちゃを用意してあげて、発達を見守ってあげましょう。

それでは。

書いているのはこんなひとです
  • イエシキと申します
  • 下町の工場勤務の、40歳会社員です
  • 妻とたっくん(1歳の息子)と3人で暮らしています
  • 6〜12か月児の育児で一番キツかったのは、離乳食をあまり食べないことでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA