きずなメール 大田区の子育て支援

きずなメールの内容です

こんにちは。

なんだか急に寒くなりましたね。

今日は気温のせいか、子どもが暴れて大変でした。気になるものを取り上げられたり、抱き抱えられたりすると癇癪を起こして大泣きする始末。

寝ているときはまるで天使なのに、起きているとまるで天災。今日は夫婦ともにぐったりで、そういうときに限って、些細なことが気に障って、言い合いになったりして、けっこうメンタルやられます。

今日は、そんなどん底育児メンタルをこれまで支えてくれた、大田区の育児支援サービスを紹介したいと思います。

サービスを受けるためには、スマホなどを使った登録をするだけで、お金もかからないので、利用できるひとは、ぜひ登録してみてください。

最後までお付き合いいただけたなら、嬉しいです。

大田区きずなメール

全国30の自治体と6つの医療機関で導入されているきずなメールというサービスの大田区版です。LINE、Twitter、メールなどで送られてきて、妊娠中から出産後100日までは毎日配信、子育て期は3日に1回程度の配信になっています。

このサービスは、登録時に、子どもの出産予定日、または誕生日を入力します。

内容は、NPO法人きずなメール・プロジェクトからのメッセージの前半部分と、大田区からのメッセージの後半部分でできています。なのでLINEの画面だとけっこう長いっていうか、画面に収まりきらないこともよくあるくらい、充実しています。

きずなメールの内容です

こちらが実際の画面です。

きずなメール部分は、医師、管理栄養士など専門家による制作、監修の文章で、妊娠週数、もしくは子どもの月齢に合わせた内容が、寄り添うような優しい文章で届きます。

妊娠中、子育て中って、人生で一番感情が動く時期かもしれません。女性なら、多分なおさらじゃないかな、と思います。

不安も計り知れません。妊娠中、何を食べてよくて、何が駄目なのか、運動はどうなのか。準備するものは?

子育て期も、1人目なら、わからないことだらけ。食べさせる食事、甘やかしていいかどうか、エアコンの温度や洋服、布団は大人と比べてどうなのか?

そういうことが、それぞれの週数、月齢に合わせたベストなタイミングで届きます。確かな知識が送られてくる日、まさにいま悩んでいることについて、アドバイスが送られてくる日、いろいろありますが、いつも相談できる相手がそこにいるようで、気持ちを楽にしてくれました。

そして、大田区部分では、区の支援内容が補足としてついていたりします。こちらも頼もしくて、例えば、

  • いざというときに子どもを預けられるサービスの電話番号
  • 夜間休日に子どもが体調を崩した時の連絡先
  • 子育て世帯への金銭的な支援の紹介など

という、自治体の支援が掲載されています。こちらは現実的に地域の親と子どもを支援してくれる情報です。

こころと現実、両方のサポート情報が合計534通

このように、メンタルのサポートと、地域の子育て支援情報が、一緒になって届きます。

不安なことが毎日起こる、ジェットコースターのような妊娠中から生後100日までは、毎日届きます。ある程度生活が安定してきた、生後100日から3歳になるまでは、3日1通程度になります。全部で534通になるそうです。

夫婦で話をする習慣がつきました

うちの夫婦は、両方ともオタクで、ちょっとコミュ症っぽいので、それまで、夫婦でゆっくり会話するようなことは少なかったんですが(お互いスマホや本などをみて、自分の時間を過ごすのが好き)、妊娠してからは、きずなメールの内容について、毎日話す習慣ができました。

夫婦で話をする時間というのは、共同生活のうえでけっこう大事で、この習慣は、これまで何度もトラブル解決の助けになってくれました(もちろんケンカの時間になることもありましたが、それはそれで)。

いまは子育て期なので、毎日ではなくて、3日に1回くらいの配信になってしまいましたが、夫婦で会話をする習慣は、今もほとんど毎日続いています。3日に一度は、やっぱりきずなメールの内容がネタになります。

自治体が対応してなくても

きずなメールは、大田区にお住まいのひとは、区に妊娠を申告して、母子手帳をもらうときに、だいたい一緒に勧められると思います(たぶん大田区以外のきずなメール対応自治体もそうだと思います)

その時にもらった紙に書いてあるアドレスから、登録できます。

でも、全国で30の自治体に住んでいる、もしくは6つの医療機関で診察を受けたり出産したりする予定のひとといっても、けっこう少ない気がします。それ以外のひとは、サービスを受けられないのでしょうか?

大丈夫です。

きずなメールLITEという、誰でも読めるサービスが、ちゃんとあるそうです。そちらに登録してください。

登録はこちら

というわけで、きずなメールのサイトは[こちら]です(きずなメール・プロジェクトのサイトに飛びます)

ちょっと登録するところを探しづらいかもしれないので、一応[こちら]も貼っておきます(登録するリンクがあるページに飛びます)

私のように友達が少ない人間でも、毎日LINEを送ってくれる(妊娠・育児の専門家の)友達ができたようで、素晴らしいサービスです。

よかったら、読んでみてください。では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA