からあげを温め直すならオーブントースターがおすすめ。でも冷たいままのからあげも美味しいよね。

とりのからあげ

晩ごはんのおかずとしてはもちろん、
お弁当の主役、ビールのお供にも人気のメニューです。

揚げものは、揚げたてが一番おいしいものですが、
全てのからあげが、揚げたてでいただけるとは限りません。

  • 余って冷蔵庫にとっておいたからあげ
  • お店で買ってきたからあげ

こういったからあげは、冷めた状態が
スタートラインになります。

冷めたからあげ、どうやって食べていますか?

冷めたからあげを食べる方法は、二通りあります。

  1. 温め直して食べる
  2. 冷たいまま食べる

今回は、からあげは、冷めたら冷めたで良さがあるという話をしたいと思っていますが、
その前に、①の温め直して食べることにも触れておきます。

冷たくなったからあげを温め直すには

電子レンジもいいけれど

冷たくなったからあげは、
電子レンジで温めるのも、早くて良いのですが、
どうしても衣がべちゃっとしてしまいます。

せっかくのからあげですから、少しでもおいしくいただきたいもの。

そこで、おすすめの方法がこちら。

オーブントースターの500Wくらいで、じっくりと温め直す

オーブントースターを使って、500Wくらいの強さで温め直すと、
余分な油が落ちて、衣もカリッとします。

電子レンジよりも時間はかかりますが、
揚げなおしたような感じになります。

いつでも揚げたてのような状態で、
からあげを食べることができるというわけです。

からあげの他にも、

  • 天ぷら
  • コロッケ
  • オールドファッションドーナツ
  • サーターアンダギー

などなど、揚げもの全般がカリッと温め直せます。

以前はオーブントースターは
トーストにしか使っていなかったのですが、
揚げものの温め直し、おすすめです。

また、時間に余裕があるのなら、

  1. 電子レンジで数十秒温めてから、
  2. オーブントースターで5分程度温める

とすると、いっそうおいしくなります。
ひと手間かける価値はあるので、試してみてください。

冷蔵庫のなかの冷たいからあげが好きだ

アツアツのからあげもいいんですけど、
個人的に、冷蔵庫のなかの
冷たくなったからあげを、温めずに食べるのも好きです。

お弁当でお馴染みの、常温のからあげではありませんよ。

冷蔵庫の、冷たいからあげです。

ポイント1、油がおいしい

冷たいからあげを食べると、
ねっとりとした油が舌にまとわりつきます。

この油がおいしいんです。

からあげの旨味が、
油と一体になって凝縮されている気がするのです。

揚げたてのからあげの油だと、さらっとしていて、
このねっとり感が足りないんですよね。

冷たいからあげを楽しむには、
スーパーのからあげや、専門店の持ち帰りからあげよりも、
家庭で作ったからあげのほうが、向いていると思います。

余分な油を含んでいるせいでしょうか、
市販のからあげよりも味の一体感がある気がします。

ポイント2、罪悪感

冷蔵庫のなかの冷たいからあげをそのまま食べる。
それは、どんなときでしょうか?

私の場合、小腹が空いて、つまみ食いをするときが多いです。

ご飯のおかずとして出すなら、温めなおしますからね。

そして、つまみ食いの罪悪感は
おいしさを加速させます。

それがからあげなら、なおさらですよね。

おまけ、朝のトーストに挟まないわけにはいかない

夕飯のからあげが余ったのなら、
朝のトーストに挟まないわけにはいきません。

これも、冷たいままといえば、冷たいままです。

レタスとマヨネーズとからあげのサンドイッチを、
高校時代によく食べていたのを思い出します。

あと関係ないんですけど、
きんぴらや肉じゃがも、
トーストに挟んで食べるのが好きです。

いずれも冷たいまま挟みます。
甘辛い味がトーストと合うのです。

それでは。

書いているのはこんなひとです
  • イエシキと申します
  • 下町の工場勤務の、40歳会社員です
  • 妻とたっくん(1歳の息子)と3人で暮らしています
  • 目つきが悪いのを黒縁メガネでごまかそうとしていますが、性格までは隠せないことがわかってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA