プロ検査員が教える、もっとよく見たいのなら、じっくり見てはいけない理由

こちらは、目視検査をする検査員さん向けの記事です。

「じっくり見る」ということについて、考えをまとめました。

目視で製品を検査する仕事を10年以上しています。

毎日たくさんの品物を目で見ていて、よく聞くのが

「じっくり(時間をかけて)見る」

という言葉です。

実は「じっくり見る」ことは、必ずしも「よく見る」ことにはなりません。

それどころか、目視検査においては見逃しが増えてしまう原因にもなり、逆効果であることのほうが多いのです。

じっくり見るひと
じっくり見るひと

いやいや、まさか逆効果って。でも時間をかけて見ないと心配だし。。。

はい。もちろん、どんなものにでも必要な検査時間はあります。

ただ、必要以上の時間をかけても、より検査できるわけではない、という話です。

これは「よく見る」仕事を長く続けていると、なんとなくわかってくることです。

でも突き詰めて理由を考えるひとは少ないと思います。

この記事では、適正な時間でものを見たほうが、効果が出やすいという理由をあげていきます。

  • 最初はものを「見る」「じっくり見る」とはどういうことなのかを書いて、
  • 次に多くの検査員が「じっくり見て」いるときになっている状態を紹介します。
イエシキ
イエシキ

目視検査をしているかたや、「ものを見る」ことについて興味があるかたは、ぜひ参考にしていってくださいね。

見るのに必要な時間は0.1秒

そもそも、ものを見るときに必要な時間って、どれくらいだと思いますか?

人間の網膜は1秒間に10回から数十回の信号を脳に送っています。

カメラでいえば、0.1秒に1枚以上の写真を撮影し続けている連写カメラです。

つまり、ひとがものを見るのに必要な時間は、0.1秒程度ということになります。

じっくり見ているとき、脳は無駄な処理をしている

例えば1分間、同じものを見続けたとき、脳は何をしているのでしょうか。

ひとがものを見るのに必要な時間は0.1秒程度ですから、実は残りの時間、作業としては、無駄なことをしています。

連写撮影みたいに、脳は同じ写真を何百枚何千枚と撮影し続けているんです。

スマホに同じ写真がたくさん入っちゃって、よく撮れた1枚だけ残して全部消去したりしますよね。

実は脳でもそれと同じような処理をするんです。

脳は送られてきた大量の全く同じ画像を、ほとんど消去します。

わざわざ同じ写真をたくさん撮って、たくさん捨てる作業です。

ポイント

動かないものをじっくり見ているとき、脳は無駄な作業をしています。

同じところをじっくり見ている検査員は、本当は何をしているのか

ここからは、検査の話です。

脳が無駄な作業をしているなら、目視検査中に同じところを「じっくり見て」いる検査員は何をしているのでしょうか。

ひとことで言うと、見ているのではなくて、考えています。

  1. 判断を迷っている
  2. 他のことを考えている
  3. そのほかの思考停止状態

違う場合もあると思いますが、まあ1分以上同じ面を見続けているようなときは、まずこの3パターンのいずれかでしょう。

判断を迷っている

合格にするのかどうか。あるいは書類を発行して他に判断を投げるのか。

「判断を迷う」場合は「判断基準があいまい」なのが原因です。

判断を迷っている瞬間に気づいたら、

  • 限度が具体的に数字や限度見本で示されているか
  • 上司や先輩からのダブルバインドはないか

などをチェックして、改善したほうがいいでしょう。

他のことを考えている

そもそも「判断しよう」というところまで行ってないのがこのパターンです。

主な原因としてマルチタスクが考えられますが、その他の原因で集中力が切れているのかもしれません。

思考停止状態になっている

判断を迷っているのでも、他のことを考えているのでもないのに集中できていない状態です。

1日の中で集中してパフォーマンスを発揮できる時間は限られています。

スピード感を意識したテンポの良い目視検査をして、限られた集中力を有効に使いましょう。

まとめ 適正な時間だけ見るのが大切

「じっくり見る」ことは、必ずしも「よく見る」ことにはならない理由をあげてきました。

  1. ひとがものを見るのに必要な時間は0.1秒程度
  2. じっくり見ているとき、脳は無駄な処理をしている
  3. 同じところをじっくり見ているときは、見ているのではなくて考えている

が理由です。

では、どう見れば「よく見る」ことができるのか? というと、

  • 判断基準をはっきりとさせて、迷わなくていい状態にする
  • テンポを意識して一定のリズムで見る
  • 周辺視を活用する

などが効果的です。

それを見るのに適正な時間を考えることで、見ることの効率を上げることができます。

イエシキ
イエシキ

ちょっとマニアックな話でしたが、よかったら参考にしてみてください

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA