【決断力】優柔不断でも迷わないで判断する3つの方法

迷い人
迷い人

優柔不断で困っているけど、

誰でもできるような解決方法はないかな〜

という方むけに書きました。

優柔不断というのは、ものごとを決めることができない様子です。

思慮深いと思えば悪いことではありませんが、長時間悩んでしまって困ることもありますよね。

実は、ものごとを決められないのは、必ずしも性格のせいとは限りません。

なぜなら「決断しやすいテクニック」というものがあるからです。

この記事では「優柔不断 = 思慮深い」性格のひとでも、迷わないで決めるための具体的な手順を3つ紹介したいと思います。

この記事を読んでもらえると、ものごとをすぐに決めるための具体的なステップがわかります。

イエシキ
イエシキ

なんだか迷っている時間が長いな、

と感じたら参考にしてみてください!

1回ですぐに決める

  • 1回で決めよう
  • 時間をかけずに決めよう

そもそも判断できるチャンスが1回しかなければ1回しか迷わないし、

3分で決めないとダメなら3分しか迷いません。

迷い人
迷い人

いやいや、それができたら最初から迷ってないよ!

そりゃそうですよね。

大丈夫です、もう少し具体的に書きます。

まとめるとこんな感じです。

ちょっと細かくなりましたよね。個別に解説します。

1回で決める

検討することリストを作って、それぞれ1回だけ確認する。

検討することリストというのは「何が欲しくて迷っているのか?」を箇条書きにしたものです。

リストに並んだ項目をひとつずつ確認していけば、欲しいポイントをモレなく検討したということになりますよね。

1回だけ確認する理由は、ひとは2回目や3回目があると思うと、判断できなくなるからです。

「でもなあ」とか「やっぱり」とか考え始めたら迷いはじめているサイン。

真剣に1回で確認しましょう。

時間をかけずに決める

考えていてもいい時間 = 期限を決めるということです。

その期限が過ぎたら、どうするかのかも一緒に考えてください。

「3分で決まらなかったら、一番最初の選択肢」

くらいの感じで大丈夫です。

永遠に悩み続けて問題なければ、ものごとを判断できないというわけです。

優先順位をつける

判断基準がいくつもあるときは、基準に優先順位をつけるのが有効です。

「栄養バランスも考えたいけどお肉が入ってないと寂しいし、量も満足感があってそんなに高くないやつ」

という選び方だとメニューを決めるのも大変ですが、

  1. 野菜は採れるか・・・OK(4点)
  2. お肉も入っているか・・・少し(1点)
  3. 量はちょうどいいか・・・OK(2点)
  4. お値段は予算内か・・・予算オーバー(0点)

のように

順位をつけて、大切にする基準と、切り捨ててもいい基準がはっきりすれば、選びやすくなります。

もともと思慮深いひとなら、3位以下は切り捨てるくらいで、ちょうどいいと思います。

判断基準をはっきりさせる

判断基準が「あいまい」になっていることも、迷ってしまう原因です。

あいまいというのは、具体的に基準が決まってない状態。

  • お野菜がけっこう入っていたら
  • おいしそうだったら
  • 安かったら

という基準だと、判断は難しいですよね。

「メインの半分以上が野菜で」「味噌系など濃い味つけの」「1000円まで」の定食

のように基準がはっきりしていれば、判断しやすくなります。

基準をはっきりさせるには、

  • 数字であらわす
  • 数字が無理なときは、実物をものさしにする

というのを意識するといいでしょう。

数字であらわす、というのは「メインの50%以上が野菜なら」とか「1000円までなら」という基準のことです。

これなら迷う余地がありませんよね。

実物をものさしにするというのは、◯◯と△△を比べることです。

  • 例で言えば「味噌と比べて薄くない味つけなら」
  • 色なら「このスマホケースよりも赤色が濃かったら」

というように、色や味など、数字で決めるのが難しい基準のときに便利です。

まとめ

迷わないで判断する3つの方法について説明してきました。

  1. 一回で時間をかけずに決める
  2. 判断基準に優先順位をつける
  3. 判断基準を数字や具体的なものとの比較であらわす

迷った状態 → 迷わない状態

だと難しいですが、

迷った状態 → 3つの手順を当てはめる → 迷わない状態

なら、できそうな気がしませんか。

イエシキ
イエシキ

ふだんから迷うことが多いな、というかたは、
ぜひ参考にしてみてください!

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA