子供が産まれたら不用品を処分しよう

こんにちは。

出産直後はそれどころじゃなかったんですが、しばらくして余裕ができたので、不用品の処分をし始めました。

これ、結構おすすめです。

理由は、

  • 出産前とは生活がまるで変わっているので、不要になったものが、きっとある
  • 子供が安全に遊ぶ場所など、スペースが必要になる
  • 不要なものを処分すれば、スペースができる
  • 売れるものは売れば、ちょっとした臨時収入になる

ざっとこれくらい出てきます。

私も、先日「マジックザギャザリング(以下、マジックとだけ書きますが、手品やサインペンのことではないですよ)というトレーディングカードゲームのカードを全て処分しました。
ほとんどは燃えるゴミだったんですけど、中には価値のあるカードもあったので、そういうものは、カードショップに売却しました。

今日はその話をします。

最後までお付き合いいただけたなら、うれしいです。

趣味の時間がなくなる

子どもが産まれると、どうしても生活が変化します。

  • 子育てのため、自由に使える時間が減る
  • ひとりで外出することも減る(ワンオペ育児は大変)
  • 子どもと一緒の外出の場合、近場がせいぜい
  • 起床、食事、入浴、睡眠など生活リズムも子供中心

ですので、今まで確保できていた、趣味のための時間も無くなってしまいがちです。

マジックザギャザリングに支払うマナがない

マジックは、とても奥深くて、プレイするたびに新しい発見があり、刺激的で最高に面白いゲームです。

ただし、

  • カードを買うのにお金がかかる
  • 情報をチェックして、戦略記事などを読むのに時間がかかる
  • カードを整理する時間がかかる
  • デッキを組む時間がかかる
  • 大会などイベントは一日がかり

お金にも時間にも余裕がない育児中の身としては、とにかくマジックは、贅沢なのでした。

プレイする余裕は、今後数年間はなさそうです。

圧迫される部屋のスペース

マジックは、現実のカードの束でプレイします。なので、プレイしていない時でも、溜め込んだカードの束を保管しなくてはいけません。

狭い部屋の一角を占拠している、大きな箱が2つありました。中身は、もちろんマジックのカードです。

この箱がなくなったら、もう少しだけ家族が過ごしやすい部屋になるな。

処分することにしました。値段がつくものがあるのは知っていたので、売れるものは売ることにします。

売るための作業は、合計で10時間くらい

子どもをが起きている時間帯は、

  • 子どもの相手につきっきり
  • 妻に子どもを見てもらっている間に、家のことをする

の、どちらかになるのが、ゼロ歳児のパパです。

作業ができた時間帯は、

  • 子どもを寝かしつけてからの深夜、自分が寝るまで
  • 早朝の授乳後、出勤するまでの1時間

のどちらかでした。毎日少しずつやって、10時間くらいで終わりました。

具体的な作業などは、今回は省略して、こちらの記事に書きました。

マジックのカードをネットで買い取りしてもらったときの体験談

日中の仕事もあるので、体力的には大変でしたが、がんばった甲斐あって、我が家の生活費2か月分弱という、けっこうな臨時収入を得ることができました!

というわけで

あなたの家に、子供が産まれたことで、使用しなくなったものや、追いかけられなくなった趣味のものなど、そういった不用品はありませんか?

読んでる時間のないマンガとかでもいいです。

ふつうなら、部屋のスペースってお金を払ってでも欲しいものです。たくさん収納できる棚とか、家具を買うとかね。

それが、お金をもらいながら部屋のスペースが手に入るのなら、良いことずくめです。

不要だな、と思ったら、思い切って、フリマアプリや、専門ショップなどで売ってしまうというのが、結構おすすめです。

それでは。、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA