【考察】子供が亡くなるニュースに胸が痛むロジック

Jiko

こんにちは。

自分に子供ができると、どこかの子供が亡くなったニュースに、以前より余計に胸が痛むようになりました。

顔をしかめてしまうくらい、辛い気持ちになります。

でも、私は善人ではありません。道徳もあまり持ち合わせていません。けっこう、自分勝手な人間だと自覚しています。

それでも胸が痛みます。

言ってしまえば他人事、よその子供なのに、どうして辛いんだろう?

今回は、こんな不思議な感覚に理由を探してみようと思います。

子供が亡くなったニュースが悲しい

感覚がちょっとだけ変わった

子供が亡くなったニュースなんて、誰が聞いてもいい気分にはならないでしょう。私も、以前から胸の痛いニュースだと思ってはいましたが、実際に親になったあとで感覚が少し変わりました。

他人事ではなくなった

ということだと思います。

感覚はわかったけど、どうして、こんなことになるんでしょうか。

子供は社会のみんなで育てる

今まで周りの先輩パパママたちに、何度も助けられてきました。わかりやすいところでは、

  • マタニティーマーク
  • 電車やバスの優先席

などですよね。でも、それだけじゃなかったんです。

普通に道を歩いているとき、お店で買い物をするとき、いろいろな人が友好的に話しかけてくれました。何か助けになってくれようと、してくれました。

赤ちゃん、という存在が、周囲の人に話しかけやすくさせるんだ、と思いました。

正直、うざいなー、と思う部分もありましたが、

そのとき、もしかして子供って、

  • 社会のみんなで協力して育てるもの

なのかもしれないと気付かされました。

確かにパパやママだけでいくら頑張ったところで、周囲の協力がなければ、子供は育てられないと思います。

バスや電車に乗るだけでも、けっこう大変なんです。

何か助けるべきことはないか

私も、何故か今では、目の前に妊婦さんや子供連れがいたら、

何か助けられることはないかな?

と考えるようになりました。

だから、感覚としては、ニュースで亡くなった子も、

みんなで協力して育てるべき大切な子ども

だったように感じて、胸が痛むのかもしれない、と思います。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA