1歳前後の夜泣きの原因は?寝かせるテクニック

Baby cry

こんにちは。

最近、息子のたっくん(11か月)が夜泣きをするようになりました。

今回の夜泣きは、

  • 深夜に突然泣く
  • 抱っこしても、暴れてしまう
  • なんとか寝かしつけても、しばらくしてまた起きてしまう

というパターンが多くて、参っています。

もちろん体力的にもキツいんですけど、集合住宅なので、近所迷惑で追い出されないか心配です。

というわけで今回は、

夜泣きの原因や、すぐにできそうな対策をいくつか調べてみました。

私の経験や、実際に行っている対策などと一緒に、調べたことを書いていきます。

いわば寝かしつけテクニック、こんなことやってるよー、です。

まあ、もちろん個人差があることですから、あくまでも参考程度にしてください。

ではいきましょう。1歳前後の夜泣きに苦しむ赤ちゃんとパパママの、何かの助けになれば。

知らずにやってしまう、夜泣きの原因

夜泣きの原因は、脳の成長過程に関連があると言われていますが、はっきりとわかってはいません。

ただ、直接的な原因として、特に気をつけたいのは、「睡眠不足」「光」です。

  1. 睡眠不足
    活動時間の限界を過ぎると、疲れすぎて寝つきにくくなる。
    夕方以降に寝させないようにするのは、逆効果になりやすい。
    (ただし3歳児以上は、昼寝のし過ぎは良くない)

  2. 赤ちゃんは、睡眠中に光を浴びると、「起きてもいい時間」だと思ってしまいます。豆電球レベルの明かりでも、天井からの灯りは夜泣きの原因に。

私は、知らなくて両方やってしまっていました。

まずは夜、眠りが浅くなってしまうと思って、夕方以降はお昼寝をさせないようにしていました

そして、寝室どころか家中の豆電球をつけて就寝していました(これは妊娠中から始めた習慣でした)。布団を並べて寝ているので、踏んでしまっては大変なので。

夜泣きの対策5つ

どう対策するかというと、赤ちゃんが睡眠しやすい土台を整えてあげます。

具体的には、

  1. 早起き
  2. 活動時間と睡眠時間の管理
  3. 睡眠環境
  4. ねんねルーティーン
  5. メンタルケア

の5点。順番にいきます。

1.早起き

青空

朝は、7時までには起こしてあげると良いでしょう。

起こすときには、部屋を明るくして、太陽の光を浴びさせてください。セロトニンが分泌されて、体内時計が調節され、睡眠ホルモンの助けにもなります。

ちなみに我が家では、早起きは辛いので、やってません。8時半くらいに起こしています。

2.活動時間と睡眠時間の管理

寝ている大樹さん

赤ちゃんは、あまり長い時間起きていると、疲れすぎて眠れなくなります。活動時間を意識して、定期的に休ませてあげる必要があります。

活動時間の限界は、

10か月〜1歳2か月の場合は、3.5〜4時間程度

我が家では、活動時間をすぎたら、なるべく15分程度でもお昼寝させています。ただ、平日の夜は無理なこともよくあります。

1日の睡眠時間の合計は、14時間(夜10〜12時間 / 昼寝2回で合計2〜3時間)くらいが目安です。

うちの子は平均11時間半くらいなので、もう少し増やしてあげたいです。

管理には、記録アプリを使うと便利ですよ。

Baby cry1歳前後の夜泣きの原因は?寝かせるテクニック

3.睡眠環境を整える

光、温度、音など、眠りやすい環境を整えます。

  • 寝室は遮光カーテンで真っ暗にする(お昼寝のときにも)
  • 室温は20℃〜22℃くらいにする(子供は大人よりも暑がり)
  • 外の音が気になる場合は、ホワイトノイズマシンの導入も良いらしい
    (うちの子は家電製品をおもちゃにしちゃうので、今のところ導入していません)
  • おむつや、寝汗などもチェックして快適にする

我が家では、カーテンを買い替えました。

ニトリの遮光カーテンで子供の寝室が星柄になってかわいい

4.ねんねルーティーン

これをしたらねんね

毎日寝る前に、同じことを繰り返して、眠くなるように習慣づけます。

寝かしつける前に部屋の電気を消しておき、暗くすることで、自然と眠くなるようにするのがおすすめです。

我が家では、お風呂→授乳→睡眠というルーティーンになっています。

5.メンタルケア

赤ちゃんは敏感に親の気持ちを感じとります。

パパ、ママの気持ちが穏やかで安定していると、いいですね。

逆に、親が怒ってイライラしていたり、余裕がなくてキーッみたいになっていると、赤ちゃんは敏感に感じ取ります。

夜泣きのとき、パパにこそできる対応

父と赤ちゃん Unsplashの画像です

泣いている赤ちゃんを安心させるのって、やっぱりママの方が得意です。

それでも、パパにこそおすすめな夜泣き時の対応があります。

  1. 赤ちゃんの首の後ろを触りながら抱っこして、歩き回る(移動する)
  2. ママを休ませる

ということです。

抱っこテクで、夜泣きストップ

哺乳類の赤ちゃんには、親に運ばれてるときに大人しくなる、輸送反応というものがあります。

よくライオンや猫の赤ちゃんが、親に首のうしろを咥えられてるやつですね。詳しく知りたいかたは、下記リンクをご覧ください。

【参考】理化学研究所 ホームページ
抱っこして歩く赤ちゃんがリラックスする仕組み
http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130419_2/

で、この輸送反応を利用して、赤ちゃんに安心してもらう作戦です。

輸送反応が起こるには、

  • 首の後ろを触られていること
  • 移動させられていること

の両方が必要になります。

つまり、首の後ろを触りながら抱っこして、歩き回る(移動する)。

でもこの抱っこの仕方、けっこう腕力が要ります。

そういう意味で、パパにおすすめです。がんばって寝かしつけましょう。

ママを休ませる

もし上手に赤ちゃんを寝かしつけられなかったとしても、気に病むことはありません。

少なくともパパが赤ちゃんを見ている間は、ママは休憩することができたからです。

なんなら赤ちゃんには完全に起きてもらって、一緒に遊んでしまうくらいでも、夜泣きされるよりはマシかもしれません。

まとめ

今日は夜泣きの原因と、具体的な対策について、調べてみました。

長くなってしまったので、まとめです。

夜泣きの2大原因は、睡眠不足でした。

具体的な夜泣き対策として

  1. 早起き
  2. 活動時間と睡眠時間の管理
  3. 睡眠環境を整える
  4. ねんねルーティーン
  5. メンタルケア

の5つをおすすめしました。

さらに、パパにおすすめの、輸送反応を利用した抱っこのテクニックと、寝かしつけできなくても大丈夫な理由を書きました。

 

実はこの記事を書いている最中も、2回ほどたっくんが夜泣きしましたが、上記の知識を駆使して、なんとか寝てもらいました。

寝不足で苦しい夜泣きシーズンです。

終わらない夜泣きはないそうなので、一緒に頑張りましょう!

それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA